菊池建設工業株式会社

お仕事紹介Services

アルファライナー工法

  1. 概要

    アルファライナー工法は、形成工法に分類される本管更生工法の一つです。
    人孔から既設管内へ更生材を引込み、空気圧によって拡径して既設管内側に密着させた状態で光硬化装置によって樹脂を硬化させて所定の強度と耐久性を確保した更生管を形成します。
  2. 特徴

    • 施工時間が短い
    • 侵入水による硬化不良がない
    • 材料を硬化させる前に出来形の確認が出来る
    • 環境温度の影響を受けない
    • 材料の長期保存が可能
    • 硬質塩化ビニル管の更生が可能
  3. 適用範囲

    1. 適用管種:
      ヒューム管、塩ビ管、陶管、鋼管、鋳鉄管 等
    2. 適用管径:
      φ150㎜~φ1000㎜(自立管 φ150~φ800㎜)

施工手順

  • 既設管内にアルファライナーを引込み挿入します

  • 空気圧でアルファライナーを拡径します

  • 管内に引き入れたライトトレインを走行させ、アルファライナーに光を照射して硬化させます

  • 硬化後、インナーフィルムを除去します

  • アルファライナーの両端部を切断後、管内からロボットカッターを用いて取付管の穿孔を行います

  1. 関連サイト

    光硬化工法協会HP

お問合せする