菊池建設工業株式会社

お仕事紹介Services

安心マンホール工法

  1. 概要

    安心マンホール工法は起振による、マンホール壁面と地盤との摩擦力を増強させる地固め効果と、ろ過器及び誘導管でマンホール底部に発生する揚圧力を低減させるドレーン効果により地震時のマンホール浮上を抑制する工法です。
  2. 特徴

    • 開削せずマンホール内から底部を削孔し、ろ過器を設置できる
    • 余震で過剰間隙水圧が発生してもメンテナンスフリーのため安心
    • 起振による地盤改良を図る
  3. 適用範囲

    1. 対象人孔:
      1、2、3号人孔
    2. 対象本管:
      塩ビ管、ヒューム管、陶管
      φ150㎜~φ400㎜ 補修幅 100㎝(熱硬化)
      φ200㎜~φ300㎜ 補修幅 100㎝(光硬化)

施工手順

  • 事前調査工

    マンホールの形状やインバートの形状を確認します。
    また周囲の状況や水替えの必要性の有無を確認します。

  • 人孔内洗浄工

    高圧洗浄車で人孔内の堆積物や付着物を除去します。

  • 底部削孔工1

    ろ過器設置の位置を決め、7インチのコアカッターで人孔底まで削孔し、コアを除去します。

  • さや管設置工

    5インチのコアカッターをさや管内に挿入し、延長ロットを接続して地上まで立ち上げます。

  • 底部削孔工2

    7インチ削孔の内側に5インチのビッドで底部部分を削孔しコアを除去します。

  • ろ過器設置工

    延長ロットにろ過器を接続し、人孔底版下の基礎砕石上部まで圧入します。

  • 起振工

    起振機を人孔の側壁部に固定し起振します。起振は直角2方向で行います。

  • 空洞充填工

    側壁に均等に4か所削孔し、水平方向に2段階で充填材の注入を行います。

  • 仕上げ工

    インバート部分に塩ビ蓋を設置し、誘導管を立ち上げ、止め金具で固定し完成です。

お問合せする