菊池建設工業株式会社

お仕事紹介Services

PFL工法

  1. 概要

    PFL工法は既設管きょ内面に補強材を取付け、表面部材であるPFLパネルを設置し、その後既設管とPFLパネルとの隙間に専用モルタルであるPLモルタルを注入し、強固な複合管として管きょを更生する工法です。
  2. 特徴

    • 円形、矩形、馬蹄形など様々な形状に対応可能
    • 人力施工のため、大型機械を必要とせず作業スペース省略化
    • 表面部材は耐薬品性、耐摩耗性に優れた高密度ポリエチレン製
    • 地震時の管きょの挙動に対して優れた追従性をもつ
    • 加工性があり、部位形状に合わせて切断加工が可能
  3. 適用範囲

    1. 管種:
      鉄筋コンクリート管
    2. 形状:
      円形、矩形、馬蹄形、門形
    3. 管径:
      (円形)φ800㎜以上、(非円形)管きょ内で作業員が作業できる事
    4. 延長:
      制限なし

施工手順

  • 高圧洗浄にて既設管内を洗浄します。木根等があれば除去します。

  • 補強材設置工

    管きょ内にコンクリートアンカーにて補強材を設置します。

  • 表面部材設置工

    切断・加工PFLを行ったPFLパネルを管きょ内へ搬入・設置しその内側に専用型枠を設置します。

  • 注入工

    注入口から専用無収縮モルタルを注入し、排出口から注入材が排出されるまで注入を続けます。

  • 目地部溶接工

    型枠撤去後、溶接機を用いてPFLパネルの目地部を溶接します。
    その後管口部の仕上げを行い完成です。

お問合せする