菊池建設工業株式会社

お仕事紹介Services

SPR-SE工法

  1. 概要

    SPR-SE工法は既設管の内側にスチール部材で補強された硬質塩化ビニル製プロフィルを嵌合させながら更生管を製管し、既設管と更生管の間隙に間詰め材を充填させる事で、自立管を構築する工法です。
  2. 特徴

    • 通水しながらの施工が可能
    • 大口径管きょの自立管更生が可能
    • 強化プラスチック複合管、コルゲート管にも対応可能
    • 浮上防止工のみで、変形防止のための支保工が不要
    • 製管途中でも作業の中断が可能
  3. 適用範囲

    1. 適用管径:
      (円形)φ450~1,650㎜
    2. 施工可能延長:
      100m
    3. 曲がり:
      5°以下

施工手順(自走式の場合)

  • 製管

    【Ⅰ】プロファイルに製管径同等の巻き癖をつける。
    【Ⅱ】管内の自走式製管機へプロファイルを供給し嵌合する。
    【Ⅲ】製管機が製管しながら自走していく。

  • 浮上防止工

    間詰材注入時の浮上防止工を行います。
    変形防止の腹起し材は不要。

  • 間詰め材注入

    SPR-SE工法用の間詰め材を注入します。

  • 管口仕上

    本管の管口をモルタルで仕上げます。

施工手順(牽引式の場合)

  • 製管

    【Ⅰ】プロファイルに製管径同等の巻き癖をつける。
    【Ⅱ】マンホール内に設置した牽引式製管機でプロファイルを嵌合する。
    【Ⅲ】製管した更生管をウインチで引き込む。

  • 浮上防止工

    間詰材注入時の浮上防止工を行います。
    変形防止の腹起し材は不要。

  • 間詰め材注入

    SPR-SE工法用の間詰め材を注入します。

  • 管口仕上

    本管の管口をモルタルで仕上げます。

  1. 関連サイト

    SPR工法協会HP

お問合せする