菊池建設工業株式会社

お仕事紹介Services

管路調査

  1. 概要

    今後ますます重要視されていく管路施設の維持管理において、定期的・定量的に又は緊急的に管路内の調査は実施されます。菊池建設工業(株)でもあらゆる調査ニーズに対応するため、調査機材の充実を図り、有資格者を配備して調査に取組んでいます。

スクリーニング調査

  • 膨大な量の管路施設全てに対し詳細調査を実施する事は時間とコストがかかりますが、管口カメラ等で簡易的な調査を実施すれば、詳細調査の対象管路を絞り込む事が出来ます。また管内の状況が全くわからず、リスクを避ける為とりあえず管内を見てみたいという相談を受け、実施する事もあります。

本管TVカメラ調査

  • 管路施設の詳細調査において、調査員が管内に入れない径(φ800未満)の場合は本管TVカメラを用いて調査を実施します。管内にTVカメラを挿入し、地上から操作して管内の様子を確認・撮影します。

取付管TVカメラ調査

  • 取付管用のヘッドカメラを桝から挿入し、桝内の取付管の管口から本管の接合部までを人力で押し進めて撮影します。

管内潜行目視調査

  • 管径が800㎜以上の場合は、調査員が管内に入り管内の調査を目視にて実施します。直接目視で確認するため、より詳細な調査が可能ですが、安全対策はしっかりと行う必要があります。

その他の調査

  • 流量調査、誤接合調査、水密性調査、腐食劣化調査 など

報告書作成

  • 調査の結果を報告にまとめて提出します。また当社では、調査の結果、管路施設内に異常が発見された場合修繕・改築方法や対応方法などをご提案する事が可能です。

    • 報告書

お問合せする